利率の視点

学資保険という保険の詳細

将来、子供が望む進学をさせたい!と願う親世代にとって、早急に検討すべきなのが「学資保険」です。
子供の教育全般にかかる資金を将来補助してもらために、保険料を支払っていくのが学資保険です。
学資保険の給付金を受け取る時期をあらかじめ設定しておき、そのときになると満期学資金や祝い金などの名目で受け取ることができます。

満期学資金は、加入時に設定した時期が到来し、そのときまでに納めていた保険金が戻ってくるという考え方。
満期まで保険料を払い終えていれば、その額に「多少プラスされて」受け取れるのが学資保険の魅力です。
ただし、商品によっては、払い込んだ保険料よりも、受け取る給付金が少ない元本割れが発生するケースもあります。

加入してから10年以上払い続けている場合が多いため、その間の経済状況の変化、保険会社の収支の変化、貨幣価値の変動などが要因ですが、他の保険商品と同じように、加入時に「受け取るとき目減りしていないか」見極めるのは難しいことといえます。
祝い金は、満期を迎える前に子供がある一定の年齢になったときに受け取ることができるものです。
しかし、保険会社からボーナスのように支払われるというわけではありません。
あくまでも、自分が納めている保険金で、満期になったときに受け取る額を少し「前借り」して支払われるような仕組みであることに注意が必要です。

加入してから10年以上経って受け取ることの多い学資保険。
商品を選ぶ際には、「たとえ払い込んだ額よりも少ない額しか受け取れなかったとしても、教育資金として使えるほどの額であれば良い」と覚悟する必要がありそうです。


このページの先頭へ