利率の視点

学資保険に加入する時の注意点

学資保険に加入する際、生命保険や年金保険などと同じく、保険会社所定の学資保険審査を受ける必要があります。
審査と言っても、医師による健康診断書などの提出は不要で、告知書を提出します。
子供の学費を補てんするために加入する学資保険ですが、契約者である親が死亡した際はその後の保険料の払い込みが免除になるので、健康状態の告知が必要となります。

告知書には、三か月以内に医師の診察や治療を受けたかどうかや、過去五年以内で7日以上薬の投薬を受けたり、入院をしたかどうかなどを記載します。
また過去二年以内に受けた健康診断やがん検診、人間ドックで異常がなかったかも記載する必要がありますので、健康診断書は毎年保管しておきましょう。
その他、現在視力やそしゃく機能、言語、手足などの障害がないかどうかも記載します。

同じような内容で子供の健康についても告知書を親が記載して提出します。
現在病気の治療中だったり、過去五年以内に大きな病気を患っていた場合、加入できない可能性もあります。
しかし、告知内容で審査に通るか不安だからと言って、嘘の内容は書かないようにします。
告知義務違反があれば、保険会社から契約を無効にされる場合があります。
このような告知書の他に、契約申込書と意向確認書を提出し、審査が開始となります。


このページの先頭へ