利率の視点

学資保険と子ども保険の相違点

子供に関する保険で、学資保険と子ども保険がありますが、どのような違いがあるのでしょうか。
取り扱う保険会社によって、商品名の違いでしかない、という場合もありますが、本来の違いを考えてみましょう。
もともと、学資保険は教育費のために積み立てるものです。
大学入学時期前後を満期にし、入学金や授業料が高額であったとしても、家計を圧迫せずに進学できるようにという商品です。

一方、子ども保険は、子どもに万が一のことがあった場合やケガ、障害などのとき、まとまった医療費などを確保するための商品です。
学資保険と子ども保険が混同される理由としては、それぞれの保険に別の役割である特約を付けた商品が多いからでしょう。
例えば、学資保険には入院や手術の際に、満期金を上限とした保険金額を受け取れる特約があります。
また、契約者である親が死亡した場合に、育英年金が支払われるなど、今後の教育を中心とした生活を保障するような学資保険商品も多数あります。

この辺りが、子ども保険と似ているために、二つの保険が同じようなものと考えられているようです。
逆に、医療を中心に考えられた子ども保険に、教育資金準備のための特約がついた商品もあります。
要はどちらに重点を置いた商品であるかの違いです。

どちらを選ぶかは、その家の子育て方針次第。
どんなことがあろうとも、大学には進学してほしいと考えるならば学資保険。
ケガや病気の方が心配ならば子ども保険。
というように、夫婦で良く話し合って、家庭にあった商品を選びましょう。

このページの先頭へ