利率の視点

学資保険の教育費対策の詳細

子どもを大学まで通わせたい!と思う親は多いものです。
兄弟の人数が昔ほど多くない昨今ですが、親世代の賃金が安定しない時代でもあるので、家庭によっては学費の確保が難しいことも…。
「大学はお金がかかる」というイメージだけで諦めるのはもったいないので、具体的にどれくらいお金がかかり、それを学資保険でどのように補えるのか学資保険対策を考えましょう!

初年度に納付する学費ですが、授業料と入学金、施設設備費を合わせた額で見てみましょう。
文部科学省による標準額で、国立大学の場合はすべて合わせて約82万円。
公立大学になると、すべて合わせて約93万円です。

国立と公立は施設設備費がかかりませんが、実習費などを取られる学科もあります。
どちらにしても、初年度は100万円あれば足ります。
これが私立になると、授業料と施設設備費がさらにかさみます。

私立の文系大は総額で約110万円ほどで、私立の理系大では授業料だけで100万円を超えるため、総額は約150万円です。
そして、私立大の医学や歯科系に進むとなると、授業料だけで約270万円で、総額はなんと約460万円です!
学校により、大きな差があるとはいえ、平均がこの額なのです。
初年度でこの金額を一気に用意しなければならないとしたら、胃が痛くなる思いです…。

やはり、17歳か18歳の高校三年生時に満期金を受け取る契約にしておかないと、初年度の払いが大変きつくなるのが分かります。
そして、在学中にかかる金額も見てみましょう。

国立・公立大学は4年間で約210万円、私立文系は約360万円、私立理系は約490万円、私立医学系は4年間通うと、約2100万円がかかります!
大学進学時に祝い金として100万円受け取り、20歳時に満期金100万円を受け取る、というような2回に分けての受け取りでも良いかもしれません。
これだけお金がかかるので、学資保険に入るさいは、どれくらいの保険金額にするのか十分考慮しましょう。


このページの先頭へ