利率の視点

学資保険の満期金額の確定申告について

ようやく子供が大学へ進学することが決まり一安心かと思えば、学費を納入するという、親にとっての一大イベントが!
そんなとき、これまで掛けていた学資保険が満期を迎えれば、やっぱり安心ですよね。
さて、そんな学資保険の満期金を受け取る年の税金について考えてみましょう。

学資保険の満期金を受け取ると、所得の分類では「一時所得」になります。
しかしここから、その満期金を得るために支払ったトータルの保険料と特別控除50万円を差し引き、さらに2分の1をした金額が課税対象です。
ほとんどの場合が、計算後マイナスとなるため課税されません。

確定申告は、お勤めに出ている人にとってはあまりよく分からないことかもしれませんが、簡単にいうと、会社からもらう給料以外に入ってくる所得が、その年に20万円以下であれば、申告の必要がありません。
そのため、満期金から先ほどの計算をして20万円を超えないことがほとんどなので、確定申告をする必要はあまり無いといえます。
ただし、ここで注意が必要なのは、他の兄弟についてです。

大学進学を迎えて満期金を受け取る長男とは別に、同年に高校や中学進学を迎える次男などが居る場合、祝い金を受け取れる条件になっていることがあります。
そうすると、長男分の満期金と、次男分の祝い金を合わせて計算した結果で考える必要があるのです。
兄弟2人くらいなら、計算後に20万円を超えることはほとんどないと思いますが、この年に、他にも一時所得がある場合などは確定申告の必要が出てくる可能性があります。

このページの先頭へ