利率の視点

学資保険を年末調整で控除

自営業ではなく、お勤めをしている人にとっては年末のささやかな幸せ「年末調整」。
生命保険は控除の対象となりますが、実は学資保険も対象になることをご存じですか?
これまで申告していなかった!知らなかった!という方はぜひ今年から忘れずに。

学資保険は生命保険と同様に生命保険控除として、住民税や所得税から控除して計算されます。
その額ですが、最高5万円の所得税控除、最高3万5千円の住民税控除があります。
学資保険会社から、秋ごろを過ぎたあたりに保険料控除証明書が送られてくるので、捨てずに取っておきましょう。

お勤めしている人は、給与所得者なので保険料控除の申告書を書くときに、一緒に会社に提出するだけです。
自営業者の場合、確定申告でこちらも証明書を添付して提出
意外と簡単なんです!

ちなみに、どれくらい安くなるのかは、年収や商品により異なりますが、年収が300万円台の方なら、年間5千円ほどの節税になります。
たったそれだけ?と思うかもしれませんが、これが毎年続きますので、18年間加入して保険料を支払っていたとすればトータルで9万円の節税効果があります。
うっかりと忘れがちな学資保険料もしっかりと控除対象として覚えておきましょう!

このページの先頭へ