利率の視点

離婚した後の学資保険の詳細

夫婦が離婚するとき、形に見えるものの分与だけでなく、様々なことを考えなければなりません。
学資保険も離婚のときに契約について考える必要があります。
被保険者である子供を妻が引き取り、離婚したケースで学資保険の具体的な例を見てみましょう。

学資保険で一番多いのが、契約者が夫になっている契約です。

・離婚後も夫が保険料の払い込みを続ける場合
夫は養育費と保険料の両方を負担することが多いが、養育費から保険料を差し引き、結果的に毎月の養育費が少ないというケースがあります。
保険料と養育費は別のもので、どちらも負担を続けてもらうよう話し合いが必要です。
また、契約者が祝い金や満期になったときの保険金を受け取ることが多いため、受け取っても別居していることを理由に妻に渡さないことも考えられますし、相談無しに解約する夫もいます。

・契約者は夫のままで、妻が保険料を払い込む場合
そもそもお金がない状態で離婚した場合、夫が保険料を払えないために、妻が負担することもあります。
しかし、契約者が夫のままなので、妻が保険料を払い込んでいるにも関わらず勝手に解約する夫も…。
このケースは妻にはあまりメリットがないので、契約者を妻に替えるべきです。

・契約者を妻に変更する場合
ただでさえ離婚後で経済状況が苦しい上に、保険料の払い込みを負担することになります。
しかし、家計の立て直しをしながら、子供の教育費だけは確保したい!と、頑張る原動力にもなります。
これまで夫が払ってきた保険料も、ゆくゆくは妻と子供が受け取ることになるので、経済状況次第ではこのケースが一番良いのではないでしょうか。

このページの先頭へ