利率の視点

学資保険の詳細

学資保険に加入する大きな理由としては、学費が必要となった際に給付金を受け取ることで、そのときの家計の負担を減らせることです。
この理由以外に大事な要素が「万が一のことがあった場合」の備えです。
生命保険のように、親や子供が契約期間中に亡くなった場合、死亡給付金を受け取ったり、ケガや病気になれば治療に充てる給付金が下りる商品もあります。

なんといっても、学資保険を払っている親が亡くなった場合に、残りの期間の保険料が免除されるシステムが子供にとっては心強いでしょう。
親は自分にどんなことがあろうとも、子供には幸せな一生を送ってほしいもの
万が一、事故や病気で亡くなることがあった場合、それが理由で進学を諦めたり、受けたい教育が受けられないのは、残った子供にとって辛いことです。
親が授けてくれた学資保険を足しにして学校に通ったり、希望の大学を受験することができればずいぶん助かります。

学資保険と併せて覚えておきたい「育英年金」http://www.kotomizube.jp/ikueinennkinn.htmlも、親に万が一のことがあった場合の助けとなります。
保険料を払う親が亡くなった場合、その日から保険の期間が満了を迎えるまで、子供に給付金が支払われる商品もあり、生命保険のような目的で加入しても良いと言えます。

このページの先頭へ