利率の視点

学資保険の得するお支払い方法

学資保険の支払い方法は、月払い・半年払い・年払い・一時払いの4通りあります。
契約期間トータルで支払う保険料で考えると、一番お得なのが「一時払い」です。
一時払いは保険料を一括で支払う方法です。
保険会社としては、一気に支払をしてもらえるのでありがたく、その分、他の支払い方法よりも保険料総額が一番安く設定されています。

保険料の差を比べてみますと、満期に受け取れる学資金は100万円の18歳満期プランにした場合、月払いで支払う総額は90万円近くになります。
しかし、一時払いなら約80万円。
その差はなんと10万円です。

ただし、一時払いを選択するデメリットとしては「多額の資金が一気に必要になる」ことです。
学資保険の商品によりますが、数十万円から、場合によっては数百万円の資金を一度の支払うことのできる家庭はごくわずかでしょう。
祖父母から贈与や相続を受けた場合などは、子供の未来のために一時払いで学資保険に加入するのも良い使い方だと思います。

ちなみに、学資保険の一時払いは、契約者である親が死亡したり高度障害に認定されると、その後の保険料の支払いが免除にはなりません。
保険の商品を変更したり追加することが考えられる場合は一時払いは向きません。


このページの先頭へ