利率の視点

学資保険の税金について

学資保険をかけて満期になると満期金や、設定しておいた時期にお祝いが受け取れます。
その際に税金がかかるのか気になるところ。
税金がかかるなら結局マイナスになるのでは?手続きなど面倒かな?など、色々と心配になりますが、実は「ほとんどかからない」が正解です。

満期金やお祝い金などで受け取るお金は、所得の中では「一時所得」と分類されます。
所得税の対象ではありますが、まずはもらった額からこれまでに支払ってきた保険料を差し引いてください。
それから特別控除が50万円されますので、50万円を引いた額を半分にします。
この計算で出てくるのが課税対象となります。

では具体的に計算してみましょう。
子供が0歳のときに加入し、小学校から高校まで、入学するたびに45万円の祝い金が受け取れる学資保険の商品に加入していたとします。
大学に進学するときに満期を迎え300万円を受け取ります。

年額24万円支払っていたとした場合、小学校入学の際はそれまでに6年間払っていますので、お祝い金の45万円から144万円を引いて、さらに控除の50万円を引き、それを半分にすると、マイナス74.5万円となります。
マイナス、となっているので課税対象は0で、当然税金は支払う必要がないということになります。
満期のときに受け取る金額で計算しても、おおよその学資保険が課税されないと思います。
ということは、お祝い金や満期金は全額そのまま学費に充てることができるので安心です。

このページの先頭へ