利率の視点

こどもが産れて行う学資保険

自由気ままな独身時代を過ごし、晴れて結婚。
夫婦二人の生活は贅沢もしながら楽しみ、いよいよ子供が産まれた!

子供が産まれた時点で、これまでのような生活は少し諦めなければなりません。
なぜなら、たった今生まれたばかりの子供の教育費を貯める必要があるからです!
子供が産まれ、15年すると高校受験がやってきて、その3年後には大学受験のシーズン。

このときに備えてコツコツと教育資金を貯金…。
想像するだけで「自分には出来ないような気がする」と不安になりませんか?
だから、子供が産まれた時点で15年先のことを見越した「学資保険」がおすすめなのです!

15年先の子供の未来というよりも、15年後の自分の給料を想像してみましょう。
今の会社にいるのか、賃金は上がっているのか、社会全体の景気はどうか。
こんなことを考えても「先のことは分からない」という答えになるでしょう。

でも、子供の教育費がかかる未来は確実にやってくる。
だから、産まれた年からの学資保険が良いのです。

夫婦と小さな赤ちゃんだけの生活の段階であれば、まだ金銭的にも余力がある人が大半です。
家計に余裕があるときに学資保険に入っておきましょう。
口座から天引きで自動的に学資保険へ拠出していけば、子供が大きくなるまでに大きなトラブルが起きたとしても、
教育資金はがっちりとガードすることができます。
そのうち学資保険にも加入を…、ではなく、「子供が産まれたらすぐに学資保険」が正解です!

このページの先頭へ